御聖恩心より感謝申し上げます!

 先日2月13日に米国本部で挙行されたペンシルベニアに思いを馳せながら、2月14日のサテライト「真のお父様の権威の下に戻る聖酒式&成婚祝福式」を日本サンクチュアリ協会.副会長の平井ご夫妻を中心として、滞りなく終えました事を御報告させて頂きます。

 天気予報では天候が荒れ、気温も高くなり、春一番も吹くと云われており、大変心配致しましたが、当日は、厚い雲から光が差し、雨も殆ど降らず、青空で、神様.真のお父様の天運を感じてやみませんでした。

 スタッフは、12時に集合し、平井副会長からは御言と、取り組む姿勢を正して頂きました。
又、全国各地から来られる「戻る聖酒式と成婚祝福式」参加の方々をいかにおもてなしの心で迎えることができるか?
皆心一つとなり、大勝利を祈りながら一人一人が決意し、それぞれの責任分担に臨みました。

 会場は、名古屋近郊でしたが、実行委員会のスタッフは地元の名古屋メンバーだけでなく、富山、岡山、神奈川、岐阜、徳島のメンバー35名が集まって下さりました。
「戻る聖酒式と成婚祝福式」には、北は秋田県から、南は大分、熊本と、又、東京、横浜、大阪、岡山と全国から11組14名が参加し、約50名が催しに集まりました。
まっ白なウェーディングドレスを身に装った新婦の姿、きりっとした新郎の姿は心が潤い、会場が一層華やかになりました。

 それぞれ、初めて会った方も多いのですが、以前からの知り合いのような暖かい雰囲気で 、オカリナの讃美歌演奏と共に、いつまでも一緒にいたいと思うようなアットホームな感じでした。

 飛行機等の関係で、遅れる方もいましたので、式は、13時半の予定でしたが、14時から開始されました。映像に、亨進様&ヨナ様が映ると厳粛な気持ちになり、涙される方も多くいました。

 後の証しで、亨進様の声が、真のお父様の声に聞こえたという姉妹や、背後に神様、真のお父様を感じた兄弟姉妹も多くいました。

 式の後には、立食パーティーで、皆様と共に食事を頂きながら、時間の許す限り、平井副会長の進行で、自己紹介や証し会をし、良き交流と感動の場となりました。また、メンバーによるオカリナ演奏も、その催しに華を添えました。

 この会場は、平井副会長の推薦で今回、選ばれたレストランですが、実は2010年3月24日に亨進様が世界会長の時に、ヨナ様と立ち寄られております。

当時の写真をレストランのオーナーに見せて頂きましたが、その時家庭連合の地区幹部達も一緒に来られましたが、家庭連合幹部は誰も写真に写っておらず、亨進ニム御夫妻とレストランのスタッフだけが写っているという不思議な業があり、今回の催しの為の神様の布石があったのかと改めて感じ入るものがありました。レストランのスタッフも一つとなって会場を盛り上げて下さり感謝致します。

 その後は、平井副会長から祈り方や御言の御指導を頂きまして、最後に、祝祷して式を無事に終えました。

そののち、落ち着いてから、2100双を勝利した事をブログを見ていた姉妹から教えて頂き、皆様と共に喜び合いました。

 世界にあっては2100双ですが、日本にあっては1200双を死守していこうとされる江利川総会長の決意は並大抵のものではなかったと、改めて結果に対してしっかりと責任を果たされることに誇りに思います。

 私たちの三代圏教会の一人ひとりも、それぞれ向き合い、最後の最後まで多くの兄弟姉妹に呼びかけ走り切ってきた2月13日までの歩みでした。
大きな一つの目標を勝利でき、本当に感謝致します。
それと同時に、又、次の目標に向かっての新しい出発であると決意致しました。

 今までのたくさんの神様の布石が、いよいよ二代王の亨進様&ヨナ様を中心として、一直線となり、神様と真のお父様の元に向かっているような気持ちになったサテライトであったと感じ感動が続いています。
正しく、生きて働く神様を感じました🙏

栄光在天✨
さらなるサンクチュアリ教会の発展を祈ってやみません。

 

日本サンクチュアリ協会
    🏡サンクチュアリ三代圏教会🔔
     実行委員:中西 宏美( 名古屋mission  )