なぜサンクチュアリが正しいと確信したか!

家庭連合からサンクチュアリへ!確信に至るまで!

   村上 純一郎 (西東京mission )

<確信に至るまで!>
 この度は、2/14の祝福式が無事、挙行されましたことを心から喜び申し上げます。
久々の投稿ですが、なぜサンクチュアリ教会側が正しいと確信したかのかを述べてみたいと思います。

 家庭連合(以下、家連と称す)に対して、懐疑に感じていたのは次の通りです。
1) 真のご父母様が一つならば、なぜオモニは霊界からのアボジからのみ言葉を語って下さらない
2)聖和後、変更内容が多すぎる
3)霊界の動きや聖書の内容の話が聞かれなくなった
4)90年代と比べて祝福式で花嫁のウェディングドレスの肌の露出が多くなった
5)ピースカップや国際ハイウェイ等のグローバルな構想はどうなった?
6)後継者はどうする?(直系男子の子女様がいない)
などの点です。

しかし決定打は「あちらの話は聴くな」という意見と「双方の言い分とも聴いて判断して下さい」という意見の違い
これで勝負ありです。

壮年の方々にこのような話をしたら、肯定的なリアクションが結構多かったのですが、結局は奥様の意向で家連の教会に留まったままです。

しかし自分自身も、平井ご夫妻のご指導、相対者の意見、三代圏教会メンバーの証、そして絶対善霊の協助が無ければ現状維持のままだったと思います。

基元節は過ぎてハードルが高くなりますが、家連のメンバーでこちらに来る方もまだ多くいると確信しています。

ただ、松岡修造氏のように熱く語れば通じるとは限りません。
その人の良心によって判断して頂くしか無いと思います。

 偽聖酒の魔力が効いてくるならば、祝福家庭同士の堕落、二世の同性結婚、左翼議員との結託等、十分に予想されます。

これから亨進様/妍雅様に侍り、三代圏教会のメンバーの交流を通じ、個人の主体的信仰・家庭の再構築、氏族への展開、そして健全な地域基盤の確立ができればと思っています。

日本サンクチュアリ協会
サンクチュアリ三代圏教会
  西東京mission 村上純一郎