ペンテコステ・ミサに参加して!


山本あい子さんからのメール便り!名古屋mission

 初夏の候、風薫る5月も、あと10日ばかりとなりました。
 
未だに続く熊本地震、被災地の皆様の心労を察しますと、胸痛く、重ねて御見舞い申し上げます。

 5月の貴いテーマである「聖霊さまによる祈りと救い!」を意識し、メール通信便りの御言を確認し学び、不足ながらも聖心日課・信仰侍義生活を歩める幸いと、二代王亨進様の真実の御言に生かされ、心情を整理出来ます幸いに心から感謝をお捧げ致します。


 去る5月15日(ペンテコステ)、主人と共にカトリック教会のミサに参加して参りました。
聖堂内はこの日を大切にし、待ち望まれていたクリスチャンの皆様の聖なる雰囲気に包まれていて、内外準備不足の私は、聖なる神様の御前に申し訳ない気持ちで一杯になりました。
 
  かねてからサンクチュアリ三代圏教会で、訪れたもう神様が遠く離れたのは自らの不義と罪ゆえであると学んできました。

 自我の強さやさまざまな堕落性を脱ぎ去り、神様の元に帰りたい!聖霊さまにより頼みたい!そのような心情で祈り、顧みておりました。

 
ふと、亨進様が「キリストと共に歩む者となろう!」と語られていたことが思い出されました。
 
平井教会長ご夫妻によるご指導をいただいていなければ、「キリストと共に!」など、決して考えることもなかった無知な者でしたので、時に叶う聖句や讃美歌を推奨して下さり、原理の生活化(職場での位置復帰や姑、夫との向き合い方など)を具体的に霊育指導して下さるお陰で、悔い改めと共に救われた今があり、感謝をお捧げしてやみません。
 
今でも、中央集権型の思考をしていたり、ご利益観念があるなど、まだまだサタンにしてやられることが多いですが…
 
亨進様が重んじられる自由と責任、主体性をもって生きれる者でありたいと願うものであります。


 ミサで 神父様は
 「イエス様の特徴は何といっても愛のお方であり、どんな人をも愛し、多くの人を愛し、無条件に愛せるお方であります。
 私たちも聖霊さまの働きによって、神の愛を示し努力していけばイエス様のように愛の人に近付いていく事が出来るのです。」
 と、語られました。
 聖句では
 「もし子供であれば、相続人でもあります。神の相続人、しかもキリストと共同の相続人です。キリストと共に苦しむなら、共にその栄光をも受けるからです。」(ローマ8.17)
 
このような御言が心に響き、教会をあとに致しました。
 
その帰り道、
 「あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。」(1ペテロ5.7)の聖句がわいてきて、平安な気持ちになれ感謝致した次第です。
 
聖霊の7つの賜物と御霊の実を身に付け、神様がとどまることの出来る聖殿(サンクチュアリ)、聖霊さまによる内住をめざし、聖なる人になる努力を為してゆきたいと思います。
 
5月22日(日)安侍日pm6:30頃より「山本家庭の祝宴・喜びの日」を催す予定にしております。
 真のお父様の“聖霊”を意識し、八方位の絶対善霊の皆様と共にあり、よき対話交流の場として家庭再建に尽くして参ります。
 
どうぞよろしくお願い致します。
 
サンクチュアリ三代圏教会
      名古屋mission  山本あい子