広島の平和公園で灯されている火!

小さな、しかし大きな意味ある写真!

🌊中西宏美さんからのメール便り!🔔
      名古屋mission

御聖恩、心より、感謝申し上げます✨
平井教会長御夫妻様、いつも貴い御言を、そして御指導を本当に、ありがとうございます。
 
昨日、5月27日に、広島原爆投下から71年目にして、現職のアメリカ大統領が広島を初訪問し、世界中に、そのニュースが流れ、今朝の主な新聞各紙の一面も飾りました。

 各紙、同じニュースでも、一面に使った写真は、それぞれでしたが、、特に名古屋の中日新聞の一面に載った写真に感動致しました。
 
オバマ大統領が、被爆された御高齢の男の方を優しく抱きしめてる写真です。
その森さんという方は、感動の涙を流しておられました。

この写真の背後に神様と真のお父様、そして聖霊の役事を感じました。
 
又、数年前の8月6日の広島の式典を拝見して、偶然知った証言を思い出しました。
 
   「  当時、九州に住んでいる甥が、広島に原爆投下されたのを知り、広島にいる大好きな叔父の安否が気になり、何日もかけて、叔父の家を訪ねたら叔父の姿はなく、家も全焼してたそうです。そこに、残り火があったと…
その甥は、その残り火を、絶対許さない!
大好きな叔父を、広島をこんなにしたアメリカを絶対許さない!という気持ちで、持ち帰り、何十年も燃やし続けていたそうです。

 しかし、絶対許さない為に、持ち帰ったはずのその火を何十年も燃やし続けてると、恨みから出発した火は、だんだん世界平和への祈りの気持ちに変わっていきました。」

その火の事を数年前から聞きつけて、火を分けて欲しいと世界各地から訪ねてくるとも言われてました。 たしか、第60回目の式典の時の証言だったと思います。
その式典で、その日に、広島の平和公園で灯されてる火は、その火です。という証言でした。

サンクチュアリ三代圏教会の今月の信仰侍義生活のテーマ「聖霊による祈りと救い!」を深く考えさせられております。
 
以前より平井教会長から教えて頂いている聖霊について…

 <御霊の実>
 イエスと聖霊による霊的新生(重生)の恵みから生ずる品性の実!
 「愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制」[ガラテヤ5:22]
 私の中に今までにない愛と喜びと平安な心。
 忍耐強く親切で善意な心。誠実で柔和で、しかも自らを主管できる心が自分の中に生じてきます。

 全ての者が、聖霊の御霊の実を授かったら、それが、神様の御国創建であり、世界平和ですね。
 
まるでエソウとヤコブが一つとなったようなオバマ大統領と森さんの抱擁の写真。
 この世界平和の種を地に落とさず、神様の御国創建に繋げたいと思いました。

 聖霊さまを恋慕い、求め続けていきたいと思います。
 5月も残り僅かとなりましたが、明日、5月29日(日)13時頃より、第53回 神様の恵みを語る会を開催する予定です。
 
慕わしいメンバーの皆様と共に、神様と聖霊について共に学び、求め、分かち合って参りたいと思います。

 慕わしい全国のメンバーの皆様との分かち合いにも、力を頂き、心から感謝致しております。
 
連絡遅くなりましたが、本日、5月28日(土)19時頃より、中西家庭の祝宴 喜びの日 プログラムを開催致します。

 宜しくお願い致します。

🏡サンクチュアリ三代圏教会🔔
      名古屋mission  中西 宏美