富山mission便り!林桂子

富山mission  林  桂子さんからのメール便り!

愛なる神様を心から褒め称えます。

日々のご指導有り難うございます。
今日は神様の性相のように、雄大で凛として気高い立山連峰がくっきり見えて晴々した日でした。 

そんな折、運転しながら、聖書の件で
連絡しなくてはと思っていたら、何と同時に富山missionの姉妹から、共同訳の聖書の申込みがラインに入り、天上世界の方々のみ守りの中にある事を実感し感動すると共に神様に感謝致しました。

また、トランプ大統領の動きを拝見しても、どんな困難にも立ち向かわれ、毅然として、悪を分立する姿に、神様とお父様の働きを強く感じ感動しております。これは、二代王享進様と国進様の一体化の勝利であると、頭を下げるものです。

私達も、置かれた立場において、神様に喜びをお返ししたいと強く思わされます。

富山missionでは、1月29日の午後より、『聖書とみ言を学ぶ会・6回目』を林家庭で行いました。初めて、遠方より電車でお越し下さったご夫妻がありました。

平井教会長夫人のアドバイスで、三代圏教会設立祈祷文を拝読し、ヨハネ福音書を5節づつ拝読し、感じた所を語り合いました。
温かい神様のみ守りの中にあるようで、ある姉妹は拝読しながら、今まで導いて下さった神様を思い、熱い涙を流されました。
その様子をみていた方が、その純粋な心に感動されていました。聖霊さまが共にあって下さったように感じました。穏やかな、安らかなひと時でした。
それぞれが、職場や家庭において乗り越えていかなくてはならないものがあるので、これから1ヶ月歩む力を与えられたようでした。
『み言の引き出し』を沢山作りましょう!と、これからを誓って終わりました。

改めて、『聖書とみ言を学ぶ会』の有り難さをひしひしと実感しております。また、林家庭におきまして、『家庭の祝宴・喜びの日』を1/1,9,17に行いました。

私達一人一人が、聖なる者となれるよう頂くみ言を握りしめて、たゆまず、歩み続けて行きたいと思いました。
全国の皆様の歩みの便りも、励みになっております。かつての使徒のようですね。

少しでも、神様、イエス様、真のお父様を求める心情に近づきたいものです。

サンクチュアリ三代圏教会
    富山mission  林  桂子